武尊

アスリート

1991年07月29日(29歳)

鳥取県出身のK-1ファイター。K-1 WORLD GP3階級を制覇するタイトル保持者である。軽量選手ならではの軽快で素早い試合が特徴的。K-1再ブームのきっかけの人物として注目を集めている。

ビクトー・サラビア戦では、下半身に強烈なキックを喰らいうずくまる場面も。まともに受けてしまい、嗚咽や痙攣が見られ試合は長時間ストップ。大きなダメージで試合続行も不可能かと思われたが、何とか立ち上がり試合続行。その後、驚くべきことにビクトー・サラビアをKOして勝利した。ドラマチックな試合展開も目が離せない。

武尊は常々『スターになりたい』と口にしている。スターになるためには、強く、美しい必要があるとして、ハードなトレーニングの間に美容エステや脱毛サロンにも通っている。InstagramやTwitterで、追求した美を披露している。努力の甲斐あって、女性ファンを多く抱えている。

最近では負けを知らない武尊。今後もK-1を盛り上げてくれるだろう。