有村架純

俳優

1993年02月13日(26歳)

有村架純は、日本の女優。兵庫県伊丹市出身。

2009年12月、フラームのオーディションを受けて合格した。2010年5月には、「ハガネの女」(テレビ朝日系)でドラマ初出演を果した。更に2011年1月には、東京ディズニーシー「春のキャンパスデーパスポート」でCM初出演を果たした。2013年4月には、出生地である伊丹市より「伊丹市大使」に任命される。連続テレビ小説「あまちゃん」(NHK)で、主人公の母親の若かりし頃を演じて人気を博した。その後数ヶ月で大ブレイクした。その証拠に、「2013タレントCM起用社数ランキング」ではトップ10入り。業界人1,000人を対象としたアンケートで選ばれた「2014年にブレイクを期待するタレント」で女性部門1位を獲得した。主演映画「ビリギャル」をきっかけに、第39回日本アカデミー賞優秀主演女優賞および新人俳優賞を獲得。さらに第58回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞する。

2016年~2017年のNHK紅白歌合戦で紅組司会者を務めた。この人気はまだまだ続きそうだ。